映画「大逆転」(1983年公開)のオープニングがフィガロの結婚の序曲

このごろコメディー映画を見ているオペラおたくです。

またまたありました。映画「大逆転」(1983年公開)のオープニングがモーツァルト作曲のオペラ「フィガロの結婚」の序曲をそのまま使っていました。

やっぱり、今からコメディーが始まるぞ~という期待感を演出してくれる曲ですね。

映画の設定は、人間は環境で決まるのか素養で決まるのかを掛けるという、こちらもモーツァルト作曲オペラ「コジ・ファン・トゥッテ」のようなもの。

コメディーって昔からあまり変わっていないのかな。

個人的には好きな映画の一つになりました。